渋谷徒歩1分×美容室LUXY>縮毛矯正>【必読】縮毛矯正を失敗しない為に知っておきたい7つのこと

【必読】縮毛矯正を失敗しない為に知っておきたい7つのこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • g+1
【必読】縮毛矯正を失敗しない為に知っておきたい7つのこと

こんにちは!渋谷の駅前にある美容室LUXYの福島です。

今回はこの時期に大事な縮毛矯正について書いていきます。縮毛矯正またはストレートパーマをかけようか悩んでいる方はぜひこれを読んで参考にしてみてください。




縮毛矯正をかける前に知っておきたい8つのこと

1.縮毛矯正とストレートパーマどう違うの?

くせ毛や広がり、どうにかしたいけど縮毛矯正とストレートパーマってどうなんだろう?って思っている方も多いはず。縮毛矯正とは何なのかご説明致します。

縮毛矯正とは2つの薬剤を使って行う施術なのですが、ストレートパーマと違うのは薬剤と薬剤の間にストレートアイロンを使う作業があります。

まず、最初の薬剤で髪の結合を切り柔らかい状態にします。その薬剤を流し髪の毛を乾かします。そして、髪の毛を乾かしそこにストレートアイロンを入れ熱変性によって髪の毛をまっすぐにします。ここからは、ストレートパーマと一緒でもう一度薬剤を塗り髪の毛を再結合させて薬剤を流せば縮毛矯正の完了です。


2.縮毛矯正はどんな人に向いているの?

自分が縮毛矯正かストレートパーマがいいのかわからないという方もいらっしゃるのではないでしょうか? 強いうねりやクセの方などはストレートパーマではあまり効かない場合があります。なので、強いうねりやクセの方は縮毛矯正でしっかり伸ばす方がおすすめです。逆にストレートパーマは、元々パーマをかけた髪をまっすぐにするものでそこまで強くはないので、少しボリュームを抑えたいという方にストレートパーマおすすめです。

どちらもかけると朝のスタイリングがとても楽になりますし、雨の日など髪の毛のうねりが出たり、広がったりしないのでストレスなく雨の日も楽しめます。

3.縮毛矯正のメリットは?


縮毛矯正のメリットは、強いクセやうねりを真っ直ぐに伸ばし、艶も出て指通りもよくなります。伸ばした所は半永久的に伸びたままです。ボリュームダウンもでき、広がってしまう髪の毛も収まりが良くなります。いつもストレートアイロンでクセやうねりを必死に伸ばすこともなくなり朝のスタイリングが楽になり、雨の日でも湿気を気にしなくても済みます。

また、ポイント縮毛矯正というものがあります。ポイント縮毛矯正は気になるところだげ縮毛矯正をかけることができるのでハチ周りや前髪、襟足部分などボリュームがでて困るところや、クセがそこだけ強いという所部分的にかけられることができるのでスタイリングなども簡単になります。


4.縮毛矯正のデメリットは?

縮毛矯正にも、デメリットは存在します。

まず、ダメージです。カラーやストレートパーマに比べるとダメージは縮毛矯正の方が強いです。なので、ダメージの強いブリーチやブリーチを使うハイライトなどをしている場合髪の毛の状態により縮毛矯正がかけられない場合があります。ダメージした髪に縮毛矯正をかけるといわゆる「ビビリ毛」とよばれる髪の毛になってしまいます。ビビリ毛とは、髪の毛に細かいウェーブが入ったようなパサつき指通りの悪い髪になってしまいます。

ビビリ毛は、一度なってしまうと元通りにはもどすことができません。

なので、縮毛矯正で大事なことは髪の毛のカラー、パーマ、縮毛矯正、ブリーチなど今までした施術の履歴をしっかりと伝えることです。これにより、ビビリ毛になることも防げます。

また、日々の生活の中でも極力髪の毛にダメージを与えないように心がけましょう。トリートメントを使う。アイロンやコテを高温で使わない。使い過ぎない。など日々の中でも気をつけましょう。

次にボリュームダウン。縮毛矯正をかけると今まで広がってボリュームがある感じに見えていた毛がまっすぐになることによって、物足りなくなってしまうことがあります。しかし、縮毛矯正をポイントでかけるなどして、うまく使えばボリュームを残して気になるところだけの縮毛矯正が行えます。


5.縮毛矯正の施術時間は?

だいたいカット込みで施錠時間はショートの人だと約2時間半、ロングの人だと約3時間くらいです。また、クセの強さにもよって伸びやすい伸びにくいなどあるので多少時間が変わります。他の施術と比べると施術工程が多く時間がかかり、クセによってはもっと時間のかかる場合がございますので、縮毛矯正をかける時は時間がある時がおすすめです。


6.縮毛矯正をかける期間はどのくらい?

その人のクセの強さなどにもよるのですが、クセの強い方は3ヶ月、弱い方ですと半年に一回。また、髪の長さでも変わってきて、ロングだと髪の重さによってクセが出ずらかったりするのですが、ショートだとクセが出ると目立ちやすいのでかける期間が短くなったりします。ただ、縮毛矯正はダメージが大きいので頻繁にかける過ぎることは避けましょう。


縮毛矯正をかける時期は、やはり梅雨前がおすすめです。梅雨時期は湿気が多く髪の毛の内部に水分が入り込み、うねりや髪の毛の広がったりします。縮毛矯正をすると、湿気の多い日も髪を気にせず快適に過ごせます。

7.縮毛矯正後のヘアケアは?

縮毛矯正をかけた後の髪の毛はダメージを、受けているので髪の毛のヘアケアがとても大事です。シャンプーは、洗浄力があまり強くない物を使いましょう。また、縮毛矯正後の髪にはノンシリコンのシャンプーは相性が悪い場合があるので髪の毛の質感がよくないなと思ったら変えてみましょう。シャンプー後はアウトバスのトリートメントをするなどしてしっかり労ってあげましょう。


また、縮毛矯正をかけた直後はゴムできつく縛ったりするのは控えましょう。髪の毛に変なうねりや跡が残ったりする場合があります。

まとめ

いかがでしたか?縮毛矯正はかけると髪の毛の扱いが本当に楽になります。毎朝のスタイリングも雨の日もストレスフリーな日々が送れます。しかし、その分ダメージともうまく付き合わなくてはなりません。毎日のヘアケアもしっかりしてサラツヤな美髪を手に入れましょう。

福島 惇平

福島 惇平

Written by:

柔らかい物腰と幅広い趣味で男女問わずファン多数なスーパーアシスタント。
中性的なルックスで弟のような雰囲気が
気兼ねなく何でもお願いしやすいLUXYの愛されキャラ。
趣味のフランス映画やファッションから
インスピレーションを受けた感性で提案する
少しモードでストリートカジュアルなメンズデザインが得意。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • g+1

福島 惇平は、こんな記事も書いています。

  • 夏のお悩み解決!汗や湿気も気にならない前髪縮毛矯正!

    夏のお悩み解決!汗や湿気も気にならない前髪縮毛矯正!

  • 【必読】縮毛矯正を失敗しない為に知っておきたい7つのこと

    【必読】縮毛矯正を失敗しない為に知っておきたい7つのこと

  • 【最新】2018夏のヘアケア!!ダメージの原因とその対処法

    【最新】2018夏のヘアケア!!ダメージの原因とその対処法

  • 【透け感、艶】まさに外国人風の透け感!イルミナカラー!

    【透け感、艶】まさに外国人風の透け感!イルミナカラー!

  • 【注目】ヘアケアの基本はシャンプー!コタアイケアシャンプーで髪質改善!サラッと?フワッと?しっとり?あなたは何派?

    【注目】ヘアケアの基本はシャンプー!コタアイケアシャンプーで髪質改善!サラッと?フワッと?しっとり?あなたは何派?

  • 美容師が自宅で出来る毎日のヘアケアを解説!

    美容師が自宅で出来る毎日のヘアケアを解説!

新着ヘアスタイル

カテゴリー

人気記事 新着記事 関連記事

美容院専用ホームページサービス