渋谷徒歩1分×美容室LUXY>ヘアカラー>白髪ストレス解消!効果抜群の白髪ぼかしカラーを一挙公開

白髪ストレス解消!効果抜群の白髪ぼかしカラーを一挙公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
白髪ストレス解消!効果抜群の白髪ぼかしカラーを一挙公開

渋谷の駅前でこれまでに多くの白髪の悩みを解決してきたLUXYが白髪ぼかしカラーについてその事例を一挙に公開致します。

現在「白髪に悩んでいる」方や最近ちらほら白髪が気になり始めた方にはとても参考になると思いますのでぜひご覧ください!


白髪ぼかしカラーとは

大人女性の9割以上の方が現在の髪に不満を抱えていると言われています。

その多くは白髪で美容室に行く頻度も年々増えていってしまうのでこれから一体どうすればいいのかと悩んでいるのではないでしょうか?

そこでLUXYでは白髪=白髪染めではなく白髪=白髪ぼかしといった具合に白髪を隠すのではなく白髪をぼかして気にならなくするといった今までの白髪対策とは全く違う方法で多くの大人女性の悩みを解決してきました。

写真のように仕上がりはとても明るく、とても白髪があるようには見えません。

綺麗なヘアカラーを楽しんでいるスタイルですね。

こういった具合に白髪があるからと白髪染めでくらい印象にしてしまうのではなく白髪がなっかった頃のように好きな髪色を楽しめるのがLUXYの「白髪ぼかしカラー」なのです。


白髪ぼかしはなぜ明るくできるのか?

白髪ぼかしは白髪染めとは全く違う薬剤を使用します。

よって白髪を完全に染めるのではなく周りの髪と馴染む程度しか染めません。

よって希望の髪色に染めることができるのです。

明るく染めたい場合は薬剤の配合比率を独自に調合し、且つ白髪も馴染むように染めることで明るい髪に仕上がります。

LUXYの白髪ぼかしカラーはその絶妙な配合比率を何年もかけて作り出し、使用するイルミナカラーの効果でさらに艶のある綺麗な髪色に仕上がるので他のサロンさんにはないオリジナルの白髪ぼかしカラーをご提供しております。


白髪ぼかしカラーに向いている人の特徴

白髪染めを繰り返している方は白髪ぼかしの「しっかり染めない」ことや「白髪が馴染むように染める」といったワードに対してとてもネガティブに捉える特徴があります。

確かに今までしっかりと白髪を染めてきたものに対して「しっかり染めない」ことで本当に大丈夫なの?と思われることでしょう。

白髪ぼかしに向いている方の特徴は大きく分けて3つに当てはまります。

1、明るい髪色にしたい方

2、美容室に行く頻度を減らしたい方

3、たまに髪色を変えたい方

これらに当てはまる場合は一度白髪ぼかしをしてみることをおすすめします。

何度も繰り返している方はむしろ元の白髪染めには戻れないと仰る方がほとんどです。

なぜなら髪色を存分に楽しめるようになれたから。

白髪があるから白髪染めではなく、白髪を活かして明るい髪色を楽しむ方がこれからも白髪と長く付き合っていく上でとても大切な考えなのではないでしょうか。


白髪ぼかしカラーをしたら傷まないの?

LUXYの白髪ぼかしに使用する薬剤はイルミナカラーです。

イルミナカラーはWELLA社が開発したカラー材で通常のヘアカラーと違って髪に負担のかかる金属イオンを除去しながら綺麗な髪色に染め上げることができるカラー材です。

どんなカラー材を使ってもダメージがゼロということはありません。

しかしイルミナカラーを使い始めてから余計に傷んだとかボロボロになったというお声は今まで一度も耳にしたことがない為、当サロンでは自信を持ってイルミナカラーを使用し「白髪ぼかしカラー」をおすすめしております。

どのくらい痛む?と聞かれる方もいらっしゃいますが今までの白髪染めとは比べ物にならないくらい良い質感になれることはお約束します。

イルミナカラーで白髪をキレイに見せるとっておきの方法

イルミナカラーで白髪をキレイに見せるとっておきの方法


村岡 マキ / muraoka maki 得意とするテーマ「明るい髪色でも白髪の目立たない”品のある髪型”」で白髪にコンプレックスを持った女性の悩みを解決してきた結果、今まで年間300名ほどの新規のお客様にいらしていただきました。 「その人らしく自然体」なイメージを心がけており、20代から70代まで幅広い年齢層の女性の方に支持をいただけていることが嬉しいです。 白髪や自分にあったデザインなどがわからない、あまり伝えにくい「誰にも言えないお悩み」なども女性目線でしっかりと汲み取ってご提案させていただきますので、初めての方でも安心してご来店ください。 白髪が気になりはじめた30代40代女性の方に イルミナカラーで白髪を活かすことができて且つ髪がキレイになるとしたら、喜んでくれる方がきっと増えるはず。
そう思ってイルミナカラーのキレイに染めるだけではなく魅力的な要素を加えた内容で今回お伝えしていきたいと思います。 白髪と聞くとどうしてもネガティブなイメージに捉えられがちですが、一味違った目線から白髪を活かせる手法で毎日をより楽しく過ごしていただきたいと思います。 イルミナカラーはご存知の通り髪への負担が極端に少なく、ツヤと透明感のでる今までにはない全く新しいカラー剤です。 そのイルミナカラー を使って30代、40代の女性が悩む”白髪”をどうすればキレイに見せることができるのかを詳しく事例を含めお伝えしていきますね。 私も30代の一人の女性として同じ気持ちになってお伝えしていきますのでよろしくお願いします。 改めまして渋谷の駅前にあります美容室LUXYの村岡です。 悩みの尽きない自分の髪の毛を今よりもっと好きになっていただきたいです。
イルミナカラーサロンでの仕上がり例 イルミナカラーとは? イルミナカラーで白髪は染まる? イルミナカラーで白髪を染めるメリットデメリット⁈ ○イルミナカラーで白髪を染めるメリット ○イルミナカラーで白髪を染めるデメリット イルミナカラーで白髪を染めた後のケアの仕方、次回の染める時期は? まとめ
イルミナカラーサロンでの仕上がり例 7トーンのサファリ&コーラルで色気のあるピンクブラウンに。ロングヘアでも毛先までツヤツヤです。多少の白髪はほぼ目立たなくなります。
6トーンのヌードで赤みのないグレージュに。暗めでも重たくみえず、お洒落で洗練された印象になります。白髪が少し多めでも馴染んでめだたなくなります。
6トーンのオーキッド&ヌードで、バイオレットグレージュに。艶もあり、凛とした大人な印象になります。少なめの白髪なら目立たなくなります。
8トーンのヌードでグレージュに。品のある艶髪でロングヘア柔らかく綺麗な大人な雰囲気に。少なめの白髪なら目立たなくなります。
イルミナカラーとは? 【イルミナカラー】だいぶ耳にする事も増え、気になっている方も多いと思います。 まずはイルミナカラーってどんなカラーなのかを簡単に説明させて頂きます。 イルミナカラーは、2015年に『WELLA』から発売されたカラー剤で今までのカラー剤に比べて違うポイントが3つあります。 【艶、透明感のある綺麗な色、ダメージの軽減】 自然な光を含んだような透明感と艶がでてキューティクルのダメージ要因にアプローチし、髪の毛のダメージを軽減してくれる為、カラーを繰り返しても艶のある綺麗な髪色が手に入り、手触りもよくなる革命的なカラー剤です。 何度も繰り返しイルミナカラーをする事で、より透明感と艶がでて手触りも良くなる為、カラーによるダメージを気にせずカラーする事ができるのです!
イルミナカラーで白髪は染まる? では、イルミナカラーは白髪染めにも適しているのか? 疑問に思っている方も多いのではないでしょうか? 髪の毛が傷まず、艶もでて綺麗な色味で白髪染めもできたら最高ですよね!
という事で、白髪染めにも適しているのか、検証してみました! イルミナカラーは透明感のある色味を出すことができるカラー剤。 もともとブラウンの色素が少なく配合されているので、従来の白髪染めに比べると染まりが悪く感じることも多いのは事実です。 しかし使い方によっては、従来の白髪染めよりも自然で綺麗な髪色にすることができ、白髪が伸びてきても目立たなくさせる効果もあります。 イルミナカラーで気になる白髪を染める場合どの位の量の白髪があり、どのくらい白髪をカバーしたいのかが重要になってきます。
○白髪がまだ数本で、よく探すとすこし出てくる位の量の場合 白髪の事はあまり気にせず、好みの明るさで好みの色に染める事をお勧めします。 8トーン以上の明るめのカラーの場合、白髪が染まらない事もありますが目立たなくはなります。 イルミナカラーの淡く透明感のある色は、白髪が目立たなくなり全体になじませてくれる効果があります! ○白髪が全体の15%前後の量で少しずつ白髪が目立ち始めの場合 そろそろ白髪染めをしないといけないかなぁと悩む量になってきたら、白髪にもわりとしっかり染まる6〜8トーンの【ヌード】or【サファリ】で白髪をカバーするか、10トーン〜12トーンで全体を明るめにカラーし、白髪を目立たなく馴染ませる方法があります。 ○白髪が全体の30パーセント以上の場合。 白髪が表面にも目立ってきている場合や、生え際など、部分的に集中している場合も6〜8トーンの【ヌード】or【サファリ】で白髪をカバーする方法。 もしくは10トーン〜12トーンで全体を明るめにカラーし白髪を目立たなく馴染ませる方法、または10トーン以下のカラー剤にブラウンの色素のある【シャドウ】を30%前後まぜて白髪にも色を入りやすくする事ができます。
この様にイルミナカラーで白髪を染める場合には、白髪をしっかりと染めたいのか、全体に目立たなく馴染ませるようにしたいのかで、カラー剤を使い分ける必要があるのです!
イルミナカラーで白髪を染めるメリットデメリット⁈
イルミナカラーでの白髪染め、メリットとデメリットはどうなのでしょうか? 気になる方の為に詳しくご説明させていただきます。 ○イルミナカラーで白髪を染めるメリット 〈ダメージレス〉 イルミナカラーは、通常のカラーに比べて髪の毛へのダメージが少ないので、ダメージを気にせず白髪染めを繰り返してできます。 毎回リタッチだけではなく毛先までカラーをしてもキューティクルに負担をかけずにカラーができる為、手触りもサラサラになります。 〈ツヤ、透明感〉 白髪は黒い髪の毛に比べてツヤがなくパサパサした印象に見えてしまいます。 イルミナカラーでカラーする事で、自然な光を含んだようなツヤと透明感のある髪色が叶います。 〈退色の仕方〉 イルミナカラーは退色の過程で色の変化を楽しめるカラーなのですが白髪を染めた後の退色の仕方も自然な為、カラーをした部分と根元の伸びてきたところの差が目立ちにくいです。 また白髪以外の部分の退色も、髪の毛の太さによって退色の仕方が変わる為、細かなハイライトを入れた様な立体感のある髪色になります。 〈色味〉 イルミナカラーはブリーチなしでも柔らかく淡い色味を出すのを得意としているカラーです。 従来の白髪染めに比べて明るめの印象で髪の毛を染める事ができ、日本人特有の赤みのある硬い印象の黒髪を柔らかく透明感のある淡い髪色にカラーする事ができます。
○イルミナカラーで白髪を染めるデメリット 〈色味〉 今までの白髪染めの様に根元からしっかりと白髪をカバーしたい場合には8トーンまでの【ヌード】or【サファリ】かブラウンベースの【シャドー】を使用し、ブラウン味の強い色味にする必要があります。 ブラウン味を強くする事で白髪には色が入りますが寒色系の色味は特に単色で使用するよりは色が濃くなり、淡い色味のイルミナカラーの特徴がわかりにくくなってしまう場合があります。 〈退色の仕方〉 イルミナカラーの特徴でもある色落ちですが、白髪染めでしっかりと色を入れた髪の毛に比べると早めに退色を感じやすく、逆にデメリットと感じてしまう場合もあります。
この様に、イルミナカラーで白髪を染める場合のメリットとデメリットを理解した上でカラーされると、よりイルミナカラーでの白髪染めを楽しめると思います!
イルミナカラーで白髪を染めた後のケアの仕方、次回の染める時期は? 通常の白髪染めやカラーと同じように自宅でシャンプー、トリートメントを毎日していただいて大丈夫です! イルミナカラーの特徴でもある退色して少しずつ明るく感じたり、色の変化に気がつく場合もあるかと思いますが退色過程の色も赤みのある嫌な色にならないはずです! 手触りやツヤも通常のカラーに比べると断然持ちが良いと思います。 ただ、白髪が伸びてきた部分はカバーしきれないので、約1ヶ月〜1.5ヶ月程経ったらまたイルミナカラーをする事をお勧めします。根元も1センチから2センチほどは伸びてきていると思うので。 白髪は健康な髪の毛に比べると、髪の毛の内部に色が定着しにくい為カラーの退色と共に少しずつ出てきてしまいます。 綺麗な髪色をキープしてついつい気になってしまう白髪を気にせず毎日を楽しく過ごす為にも、月1ペースでカラーできるのが理想的です!
イルミナカラーは色落ちしていく過程も楽しめるのが嬉しい。 こんにちは!渋谷の駅前にあります美容室LUXYの松橋香奈です^^ 今回のブログは、ご存知の方も多いと思...
【2018秋】イルミナカラーの人気色とは?渋谷の美容師が教えます。 イルミナカラーは2018年秋もSNSや至る所で話題になっている。 イルミナカラーと言えば、透明感、ツヤ感...
イルミナカラーで白髪をキレイにみせるとっておきの方法とは? イルミナカラー【艶、透明感のある綺麗な髪色、ダメージレス】で気になる白髪を染めつつ、ハイライトで色のコントラストをつけながらより白髪を目立たなくさせる方法で、私が普段お客様によく提案させて頂いているやり方を紹介したいと思います。 ハイライトとは、ベースの髪色より明るくする部分を筋状に入れて髪の毛に立体感や動きをつける手法です。 白髪を染める=暗くなるというイメージもありなかなか明るめに白髪を染められないのが従来の白髪染めのマイナス面でしたが、ハイライトを入れる事によって、仕上がりの髪色を明るくする事が可能になります。 ハイライトを毛量とスタイルのバランスをみながら、5ミリ前後の間隔で全体に入れていきます。 ハイライトでベースより明るく筋状の毛束ができるので、白髪染めで暗くなってしまったベースも明るく動きのある仕上がりになります。 イルミナカラーで白髪を染めてハイライトを入れる場合は6ヌードや6サファリ、シャドウを混ぜた色をベースに、ハイライトで明るく立体感のある髪色にする事ができます。
ハイライトを使った施術例
ハイライトをそれほど目立たせたくない場合は、ハイライトを全体に入れた後に、全体の髪の毛(ハイライトを入れた髪の毛)にカラーをします。 そうすることでハイライトが主張しすぎず、白髪をカラーし目立たなくさせる事ができます。
ハイライト✖️イルミナカラーの施術例 全体に細かくハイライトをいれてから、根元は6トーンのヌード、根元以外の髪の毛には9トーンのヌードでグラデーションに。ハイライトのコントラストはありつつ根元の白髪はほぼ目立たなく染まります。
ハイライトで全体にグラデーションにあかるくしてから、6トーンのヌードで赤みのないグレージュに。根元はしっかりと白髪をカバーでき全体的には明るめの仕上がりになります。
10トーンのヌードベースにハイライトを細かくたくさん入れる事で、毛先にかけて明るく動きがでてカジュアルな印象になります。白髪を染めるというよりは目立たなく馴染ませる方法です。
細かいハイライトを全体に入れ、上から8トーンのヌードを重ねます。ハイライトの効果で、少なめの白髪は目立たなくなります。根元の白髪をしっかり染めたい場合は6ヌードを根元に使うのがおすすめです。 地毛をいかし、ハイライト部分はヌード&サファリでオレンジ味を完全に消し、ハイライトが主張し過ぎない大人な動きのあるスタイルです。地毛を残したい方におすすめで、白髪を染めるというよりは馴染ませて目立たなくする方法です。
この技法は独自で考えたものなので入れる感覚、重ねる色味などは絶妙に調整しております。 多くのお客様は30、40代の方が多いですね。 としを重ねると髪のツヤがなくなることを気にされている方がイルミナカラーをして良くなったという言葉をいただけるのが何より嬉しいです。 ちょっとしたテクニックで綺麗に見せることができるので小さなイメチェンができると喜ばれています。 是非参考にしてみてください。
まとめ イルミナカラーで白髪を染めると、従来の白髪染めのように暗いブラウンベースの色を使わなくても、白髪を馴染ませる様に染める事ができ光を含んだような艶と透明感のある色味で毎月毛先までカラーをしても、ダメージを気にせず、手触りの良い艶髪をキープできるという事がわかりました。
また、ハイライトをいれながらカラーをする方法により、白髪をカバーしながらも明るめの髪色に仕上げる事ができ、ハイライトの効果で立体感と動きを出す事ができます。
30代、40代になり白髪がではじめてきて今後のカラーに悩んでいる方もイルミナカラーでの白髪を綺麗にカバーしながらお洒落に染める方法を知っていただき今後も今までのようにカラーを楽しんでいただければ嬉しいです。
☎︎ 03−6427−6477
LUXY(ラグジー) JR渋谷駅徒歩1分。 【透明感のあるカラーが得意なサロン】
渋谷区渋谷1-14-14 植村会館ビル8F 営業時間 11:00 〜 20:00


白髪ぼかしはどのくらいの頻度でやるべきか

前回から2ヶ月後の状態

白髪染めに比べて白髪ぼかしはその頻度を伸ばせます。

理由は伸びた時に境目が目立ちにくいから。

特徴として白髪をしっかり染め切らないことでその境目が目立ちません。

目立たないということは美容室の頻度を少しでも伸ばせるということなのでほとんどのお客様は今までに比べて1.5倍ほど美容室に行く期間を伸ばせています。


LUXYの白髪ぼかしカラー実例


白髪ぼかしカラーを失敗しないオーダー方法

初めて白髪ぼかしをする方で一番多いケースは白髪染めから白髪ぼかしに移行すること。

元の状態にもよりますが急激に明るさを変化させることはムラになる原因になります。

特に真っ黒な状態でいきなり白髪ぼかしで茶色にしようとすると元の真っ黒な状態の髪はそのまま黒く、新しく生えていた髪の毛は希望の茶色に変化します。

すると仕上がりは決して綺麗な状態とは言えないデザインになってしまいます。

まずは状態やこれまでの履歴をしっかりと把握した上で行うことが正しいのでカウンセリングで今までの履歴をできる限り細かく美容師さんに伝えてください。

そしてできる限り美容師さんのいうことを聞いた上でこれからの方針を一緒に決めていくことが望ましいです。

履歴を言わなかったり、万が一忘れて伝えられなかったりすると仕上がりに大きく左右することでもあるのでできる限り覚えていることを全て伝えることが失敗しない一番の方法だと思います。


白髪ぼかしのよくある失敗例

他サロン様で「白髪ぼかし」をしたけど失敗した、、、

というご相談を時々いただいたりします。

その多くはハイライトを同時にしてそのハイライトが思っていたよりも目立ってしまっていること。

※このお客様は他サロン様でハイライトを入れたが目立ちすぎるのが悩みとのことでご相談いただきました。

確かに白髪ぼかしとハイライトは相性がよく、当サロンでもおすすめしています。

しかしハイライトをメインに考えてしまうととても危険です。

上記にあった”LUXYの白髪ぼかしの実例”の中にもハイライトを入れている方もいらっしゃいます。

しかしあくまで白髪をぼかすことが目的で、目立たせるためにハイライトを入れることはもともとおすすめいたしません。

上のお写真の仕上がりを決して否定しているのではなく、お客様が思っていたよりも目立ちすぎてしまっていることが失敗だったということです。

LUXYの白髪ぼかしはハイライトを入れる目的を明確にしており、あくまで白髪をぼかすための補助的な役割としています。

白髪をぼかす為で、デザイン重視にしたいわけではないということ。

必要ならばハイライトは入れますが、必要でないと判断した場合はご相談の上でやめたりします。

こういったお客様と美容師側の考えをカウンセリングでしっかりとお話しした上で施術に入らせていただきますのでこういった事例も含め信頼できる美容師さんにお任せすることがとても大切です。


白髪ぼかしはどこでやっても同じなのか?

答えは”違います”

理由はそれぞれのサロン様で使用する薬剤が全然違うからです。

使う薬剤によってパワー、色味、仕上がりの質感、髪に対する負担など担当する美容師さんによって狙いや、薬剤の放置時間などあげたらキリがありません。

特に使う薬剤はその後の髪の毛に対して大きく左右するものです。

当サロンは全体で知識や施術方法などを細かく共有し、確認を繰り返し行っています。

使用する薬剤も高級なもののみ使用しており、他社商品を混合させるようなこともしません。

以下に純度の高いものをしっかりと使うかで大切なお客様の髪の毛の状態を損なわせるわけにいきませんのでスタッフ全員特に意識して営業しております。

初めての方でも安心してお過ごしいただくための最低条件だと思っております。


白髪ぼかしをしたら元には戻せないの?

白髪ぼかしを初めてやってみて「やっぱり白髪染めがいい」と思ってしまう場合もあるでしょう。

大丈夫です。

いつでも元の白髪染めに戻すことは可能です。

しかし一度白髪染めに戻してまた白髪ぼかしに戻すことはすぐにとはいきません。

そもそも白髪染めと白髪ぼかしは薬剤が違い、内部に入る染料も大きく違います。

よって白髪染めの染料が当分髪の内部に残ってしまうので時間(期間)がかかってしまいます。

まずは続けてみることです。

やく半年くらい白髪ぼかしを続けてみるとその本当の良いさを実感していただけると思いますのでまずは続けること。

いつでも戻せるのでそれからもう一度ご相談いただきその後の計画を一緒に立てていきましょう!


より白髪をぼかすにはハイライトがオススメ

白髪ぼかしカラーを続けていくともっと白髪がをぼかすことはできないのか?またはもっと明るくしたいと言われる方がいらっしゃいます。

そんな時にぜひおすすめしたいのが「ハイライト」です。

ハイライトと白髪ぼかしカラーを組み合わせることで白髪ががよりボケて、より明るくすることができます。


【お悩み解決】白髪ぼかしハイライトカラーをすれば気になる白髪が目立たない!/東京・渋谷エリア

【お悩み解決】白髪ぼかしハイライトカラーをすれば気になる白髪が目立たない!/東京・渋谷エリア

年齢を重ねていくと髪に対する悩みは増えていくものです。 特に白髪で悩む女性はとても多くいらっしゃいます。 そんな髪に悩みを持つ大人女性のために「白髪ぼかし」について詳しくお話しさせていただきます。 白髪に対する印象が変わりますのでぜひ最後まで読んでいただきたいです。
白髪の気になる箇所は皆さん同じです 白髪の気になる箇所はほぼ皆さん同じ箇所です。 それは顔まわりの生え際、分け目の位置。 この2箇所の気になる白髪をぼかすだけでも十分効果は得られます。 よって白髪が気になる箇所を中心に色味と明るさを調整した薬剤を使うことで綺麗に白髪がボケて伸びた時に気になる度合いが大きく変わります。 白髪が気になる箇所を中心にハイライトを入れてあげると白髪がより気になりにくくなりもう自分の髪じゃおしゃれができないと諦めることなく、今からでも髪色を楽しめるようになります。
LUXYオリジナル白髪ぼかしハイライトカラーの特徴とは 従来の白髪に対する対応策は「白髪染め」でした。 効果とすれば白髪もその他の地毛の部分も同時にしっかりと同じ色に染め上げるものです。 それに対して「白髪ぼかしハイライトカラー」は全体に細かくハイライトを入れた後にイルミナカラーを使って白髪部分と地毛を馴染ませるように染め上げるため従来の白髪染めと違って明るくもでき、白髪が今までより目立ちません。 白髪に悩む女性のお悩みは染めた時はいいけど時間が経った時に白髪が気になるのではないでしょうか。 そんなお悩みも白髪ぼかしハイライトカラーは解決できます。
今までの白髪染めと違って全体を明るくすることもでき、色味も楽しめることで諦めていた髪色になれた方がほとんどです。
オリジナル白髪ぼかしハイライトカラーのメリット 白髪ぼかしハイライトカラーのメリットはなんと言っても白髪染めに比べて明るい髪色を楽しめること。 そして根本が伸びた時に白髪が気になりにくいこと。 この2つです。 明るい髪色を楽しめる 白髪ぼかしハイライトカラーの特徴として白髪をぼかすように馴染ませて染めること。 それは言い換えればしっかり染めないことで隣り合う地毛とも違く、うっすらと染まるような仕上がりになります。 でもそれは今まで白髪染めを繰り返してきた方にとってとても不安に感じるポイントでもあります。 実際に多くのお客様が体感されています。 諦めていた明るい理想の髪色になれるきっかけに。
品のあるハイライトを楽しみたい ハイライトと聞くとどうしても派手なイメージをする方もいらっしゃるのですが、当サロンの白髪ぼかしハイライトはあくまで「品」を損なうことなく大人女性が普段の生活でも違和感のないようにデザインされています。 検索してみると目につくのはほとんどがハイライトを綺麗に際立たせているものがほとんどです。 しかし当サロンの考え方としてハイライトをメインにデザインをしてしまうと時間が経った時に退色が目立ち決して綺麗なものとは思えません。 確かに仕上がりは綺麗ですが、なるべく長い時間色味は楽しみたいものです。 白髪と長く付き合っていくための白髪ぼかしハイライトのはずが、結局ハイライトを意識しなくてはならくなると本末転倒です。 しっかり先を見据えたデザインをすることで白髪とも上手く付き合っていけるようにご提案させていただきます。
伸びても境目の白髪が気にならない これもお客様には大変喜ばれるポイントです。 白髪染めと違って伸びた時に白髪が気にならなくなることです。 理由は染め上がりの状態がしっかり白髪が染まらないことで伸びても逆目がくっきりと目立ちません。 伸びたのかどうなのかは色の差が出ることで目立ちます。 その境目をそもそも無くしてしまうことで白髪ぼかしハイライトカラーは伸びても白髪が気にならなくます。 色のコントラストをなくすことで目立ちにくくさせるんです。
白髪ぼかしハイライトカラーの仕上がり例
白髪ぼかしハイライトカラーに使う薬剤のこだわり 髪色が明るくなる薬剤を使って白髪も染れば大丈夫? と思われてしまうかもしれませんがそんなことはなく使う薬剤こそとても重要になってきます。 当サロンの白髪ぼかしハイライトカラーには2つの薬剤を使用します。 ハイライトにはケアブリーチ、その後重ねるカラー剤はイルミナカラーを使用します。 ケアブリーチとは? ブリーチをすると傷むからと敬遠されることが多かったブリーチですが、今はケアブリーチというものがあります。 効果は従来のブリーチと比較してして約80%ダメージをカットできるものです。 白髪ぼかしハイライトカラーは毎回ハイライトをすることはなく間隔を空けてするものです。 しかし一回のハイライトで髪に負担をかけすぎてしまうと再びハイライトをすることが難しくなります。 このケアブリーチであればそれが大幅に改善され、今では負担を機に知ることなく定期的にハイライトを楽しむことができます。
イルミナカラーとは? WELLA社のカラー剤で、今までのカラーと比べて透明感、色、艶感が格段とアップした仕上がりにできることから多くの美容師さんが使用しています。 当サロンはWELLA公式の数少ないイルミナカラー認定サロンです。 体感された方は皆さんおっしゃっていただけるのは仕上がりの色味はもちろんのこと、髪が綺麗になった方や艶感を感じるようになれたなどのお声をいただきます。 傷ませたくない方や日本人特有のオレンジ味のある髪色を綺麗な透明感のある髪色に変えたいと思っている方には非常におすすめです。 当サロンではこのイルミナカラーを独自に研究して他ではない配合比率とやり方で白髪ぼかしにも対応できる方法を作り出しました。
その理由は髪に負担が少なく綺麗で透明感のある髪色にすることができるからです。 独自の配合を作り出し、他では真似のできない絶妙な調合をすることで白髪を綺麗にぼかし全体を美しく染め上げることができます。 これまでに多くのお客様がご来店いただきましたがどの方も気に入っていただけて次回も続けていただいております。 これからの白髪対策カラーとしてスタンダードになっていくと考えており、自信を持っておすすめしております。
ハイライトは白髪をぼかすのに相性が良い ハイライトは昔、メッシュとも呼ばれていましたが今は薬剤も進化してハイライトの入れ方も変わっているので昔のような呼ばれ方はなくなりましたね。 当サロンでハイライトに使う薬剤はケアブリーチというものを使い髪への負担も約80%カットすることができます。 痛むからブリーチをしたくないと敬遠していたブリーチメニューも身近なものに変わりました。 白髪と同じような明るい髪の毛を人工的に作ってあげることで人の目が明るい髪の毛の部分にいくことで人から見られた時でも目立ちません。 より効果的に計算してハイライトを入れることで髪に無駄な負担をかけず最大限の効果を出すためにも実績を積んだ当サロンの白髪ぼかしハイライトカラーを体感していただきたいと思います。 >>関連記事<<
白髪ぼかしハイライトカラーのデメリット 白髪ぼかしハイライトカラーはメリットだけではなくもちろんデメリットもあります。 しっかり白髪を染めることができないこと。 次回に染める期間が開きすぎてしまうと自然と明るくなってしまう。 この2つです。 しかししっかりと期間を決めてコンスタントに白髪ぼかしカラーを続けていけば特にデメリットには感じません。
当サロンでおすすめしているハイライトの頻度は毎回ご来店のたびにハイライトを入れるのではなく、イルミナカラーは毎回行い、3、4回ご来店の際にハイライトを入れていく頻度が適正とお伝えさせていただいております。
綺麗な髪の毛は育てていくもの 綺麗な髪をしている女性を見かけるとついつい振り返りたくなる瞬間てありますよね。 同性であっても髪の綺麗な女性を見ると見惚れてしまうものです。 今の髪の毛をツヤのある綺麗な髪にしたいと思ってもどうすればいいのかわからず結局は今のやりたいスタイルやデザインをオーダーしてしまってるのではないでしょうか? 髪は長いめでみて大事に育てていくものです。 白髪ぼかしハイライトカラーも同様で長い目で見て作り込んでいくことが重要で、短期的に明るさをコントロールしてしまったり、トーンを極端に変化させてしまうとムラの原因にもなります。 季節や気分でその時になりたいイメージを形にするのも大切なことですがやはり半年、一年と先を見て何をしていくことが自分の髪の毛にはあっているのかを判断してくれる美容師さんにお願いできるといですね。 髪の毛は一度傷んでしまうと再生することができません。 希望のイメージを明確にしてそれにあったメニューを繰り返していくことが大切です。
白髪ぼかしハイライトカラーをしたその後の過ごし方 白髪ぼかしハイライトカラーのその後に必要なヘアケア方法をお伝えします。 普段のヘアケアとそこまで変わらないかもしれませんが特に気をつけてほしいことは「保湿」をすることです。 白髪が気になる年齢になると髪の水分は徐々に減ってきていることが多いです。 髪の毛とお肌はほぼ同じ考えで良いのでしっかりとケアをすることが大切。 お肌も水分がなくなると乾燥してカサつきます。 髪も同じで水分がなくなることでパサついて見えて固く感じることでしょう。 しっかりと水分を補うことで髪は正常な状態に近づくので色もちがツヤ、質感が格段に良くなります。 白髪ぼかしハイライトカラーをしてせっかく綺麗に見えても状態が良くないと元も子もありません。 毎日使うものを見直す 毎日の髪のお手入れで誰でも使うものといえばシャンプー&トリートメントですよね。 しかし皆さんは今つかっているシャンプー&トリートメントは果たして適切なものだと言えますか? 第一に洗い上がりがキシキシしたりしていませんか? もしくは時間が経った時にパサついたり膨らんだりしていませんか? この2つのポイントが当てはまるのであればいますぐに変えたほうが良いかもしれません。 よく相談されることで「ノンシリコン系」はいいんですか?と聞かれるのですが当サロンではオス勧めしていません。 理由は状態が良くなっている方を見たことがないからです。 白髪ぼかしハイライトカラーをしてなくても同じことが言えるのですがシリコンタイプのものを使ってちゃんと髪を保護して守ってあげることで乾燥から防ぎ保湿させることができます。 そして洗い流さないトリートメント(アウトバストリートメント)も毎回乾かす前につけてあげてください。 この2つをしっかりとやってあげるだけでも十分効果を感じていただけます。 まずは身の回りのものを見直すことから始めてみましょう。 >>関連記事<<
白髪染めを続けていくと… 白髪染めを続けていくと確かに白髪は綺麗に染まります。 しかし色素も同時にしっかりと残ってしまいます。 すると髪の内部に色素が定着してしまうのでまた次回白髪染めをしたときに色素はより濃くなることで髪は明るさを失い、暗く見えてしまうのです。 白髪染めを長くされている方だとわかると思いますが白髪染めを長くしていると毛先の方が暗く沈んで見えてしまっている方もいらっしゃるのではないでしょうか? もちろん例外もあってずっと根本だけを染めていくやり方をすれば毛先は暗くなりずらいのですがいざ明るくしたい時は以前に入れた濃い色素が邪魔をしてしまうことで明るくはなりずらい髪の毛になってしまいます。 ご自分の身の回りでも常に髪色が暗い茶色で悩んでいる方はおそらく白髪染めで暗くなっているのだと思います。 白髪染めのメリットは「白髪も地毛もしっかり染めれる」ことなので決して悪いものではありません。 白髪染めを否定しているのではなくそれぞれにメリットとデメリットがあるということがおわかりいただけたら幸いです。
ホームカラーの危険性 今や手軽に手に入るホームカラー。 しかし手軽にできるからといって繰り返していたりすると思っているよりも髪に対して負担がかかっているのをご存知ですか? 初めて当サロンにご来店されるお客様でもご自分でセルフカラーをされていたというお客様はいらっしゃいます。 カウンセリングで髪の毛を触らせていただくとやはり髪の毛はパサついていて質感がキシんでいる方がほとんどです。 どうしても時間がないなどの理由でされてしまう方もいらっしゃると思いますが、正直言わせていただくとやめておいた方がいいです。 ちなみにこの白髪ぼかしハイライトカラーをされた後にご自分でホームカラーをされてしまうと状態も悪化するのと同時に色の綺麗さも振り出しに戻ってしまうのでやめていただくようにしています。 どちらにしても手軽にできる、時間がないなどお気持ちは十分にわかりますがやめておくことが髪の毛にとって一番いいことです。
最後に いかがでしたでしょうか? 現在白髪にお悩みを抱えていらっしゃる方だとご納得いただけているのではないでしょうか? これまでの「白髪を隠す」「白髪を生かす」時代へと変わっていきそうな気がしております。 白髪を目立たなくするだけでこれほどストレスがなくなるということもぜひ実感していただきたいです。 LUXYの白髪ぼかしハイライトカラーをして諦めていた髪色もできるようになった方がたくさんいらっしゃいます。 今だからこそ思いっきり変えてみるのもいいのではないでしょうか。 そんなきっかけになれたら嬉しいです。 細かな質問などがございましたらいつでもご連絡お待ちいたしております。 自分の髪をもっと好きになりましょう。
☎ 03−6427−6477
LUXY(ラグジー) JR渋谷駅徒歩1分。 東京メトロB3出口徒歩5秒。
150-0002 東京都渋谷区渋谷1-14-14 植村会館ビル8F
全日 11:00〜20:00 定休日 毎週火曜日、第3水曜日


白髪ぼかしカラーの普段のスタイリング方法

通常のヘアカラーと大きくは変わらないがエイジング毛に関しては乾燥させないことが重要です。

そこでまずは乾かす前のアウトバストリートメントは必須です。

その後乾いた髪に対してブローもしくわアイロン、コテを使う方が多いと思います。

ブローは今までやってきたやり方で結構です。

アイロン、コテに関しては設定温度を160度以下にしてください。

毛先はあまり熱を加えすぎないように注意しましょう。

仕上げにオイルまたはクリーム等を毛先中心に塗布してあげれば良いでしょう。

注意点は「アイロン、コテの設定温度を160度まで」「乾燥させないようにする」の2点。

白髪ぼかしをしているということはエイジング毛ということを前提にしたスタイリング方法になります。


白髪ぼかしをした後の効果的なヘアケア方法

毎日何を使うかが一番大切です。

まず1つ目にシャンプー&トリートメントはシリコン系のものを使ってください。

市販でよく売られている「ノンシリコンタイプ」のものはキシみや乾燥の原因になりやすいためおすすめ致しません。

2つ目に洗い流さないトリートメント(アウトバストリートメント)は必須です。

お風呂から出たあとは乾かす前に毛先中心に塗布をしてからドライヤーで乾かしてあげましょう。

3つ目は濡れたまま寝ないこと。

しっかりと乾かしてから寝てあげることで色もちも良くなり、毛艶もよくなります。

補足としてスタイリング剤はお好きなもので結構です。

ただし、オイル系のものは使用頻度が高いと髪の毛が暗く見えてしまうことがあるので使用した日のシャンプーは特にしっかりと洗ってあげるようにしましょう。


最後に

LUXYの白髪ぼかしについて初めての方でもわかりやすく一挙公開させていただきました。

一度やったことがある方も参考になる部分はあったのではないでしょうか。

当サロンは今までに数多くのお客様の白髪に関してのお悩みを解決してきました。

その知見をもとに書かせていただきましたので他にもっと知りたいことなどがありましたらラインにてご相談ください。

現在白髪に悩んでいる女性はぜひ一度LUXYの白髪ぼかしを体感していただきたいです。

きっと今ままでのヘアカラーとは違う未来が待っているでしょう。

それでは


LUXY

LUXY

Written by:

サロンでのイベントや出来事をわかりやすい内容でお伝えします。

いつもご覧いただきありがとうございます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

LUXYは、こんな記事も書いています。

  • 白髪ぼかしハイライトをして後悔しないために抑えておきたいポイント

    白髪ぼかしハイライトをして後悔しないために抑えておきたいポイント

  • 白髪ストレス解消!効果抜群の白髪ぼかしカラーを一挙公開

    白髪ストレス解消!効果抜群の白髪ぼかしカラーを一挙公開

  • 【リケラエマルジョン】正規販売店のオススメ使用方法&内容成分とその効果。渋谷リケラエマルジョン取り扱い店

    【リケラエマルジョン】正規販売店のオススメ使用方法&内容成分とその効果。渋谷リケラエマルジョン取り扱い店

  • 【リケラミスト】正規販売店がリケラミストの魅力を徹底解説

    【リケラミスト】正規販売店がリケラミストの魅力を徹底解説

  • 【お悩み解決】白髪ぼかしハイライトカラーをすれば気になる白髪が目立たない!/東京・渋谷エリア

    【お悩み解決】白髪ぼかしハイライトカラーをすれば気になる白髪が目立たない!/東京・渋谷エリア

  • 乾燥毛におすすめのガルバCMCケアミスト&ガルバCMCケアエマルジョンとは?洗い流さないトリートメントで髪質改善

    乾燥毛におすすめのガルバCMCケアミスト&ガルバCMCケアエマルジョンとは?洗い流さないトリートメントで髪質改善

人気記事 新着記事 関連記事
  1. 1

    【2021年】イルミナカラーの人気色とは?全9色の魅力を渋谷の美容師が教えます。渋谷美容室LUXY(ラグジー)

    【2021年】イルミナカラーの人気色とは?全9色の魅力を渋谷の美容師が教えます。渋谷美容室LUXY(ラグジー)

    526470

    2021/06/09
  2. 2

    30代40代女性の白髪染めがオシャレに変わる!ハイライトで魅せる最新カラー。

    30代40代女性の白髪染めがオシャレに変わる!ハイライトで魅せる最新カラー。

    485463

    2022/04/02
  3. 3

    【髪質改善シャンプー】コタアイケアシャンプーの正しい選び方とは?渋谷美容室LUXY(ラグジー)

    【髪質改善シャンプー】コタアイケアシャンプーの正しい選び方とは?渋谷美容室LUXY(ラグジー)

    376392

    2020/11/04
  4. 4

    髪を早く伸ばしたいならカットはした方がいいのか?美容師が答えます。

    髪を早く伸ばしたいならカットはした方がいいのか?美容師が答えます。

    317280

    2019/08/13
  5. 5

    イルミナカラーで白髪をキレイに見せるとっておきの方法

    イルミナカラーで白髪をキレイに見せるとっておきの方法

    286984

    2022/03/08
  1. 1

    白髪ぼかしハイライトをして後悔しないために抑えておきたいポイント

    白髪ぼかしハイライトをして後悔しないために抑えておきたいポイント

    225

    2024/05/22
  2. 2

    白髪ぼかしカラーは市販の薬剤でできるのか?話題のカラーを美容師が解説

    白髪ぼかしカラーは市販の薬剤でできるのか?話題のカラーを美容師が解説

    418

    2024/03/28
  3. 3

    白髪ストレス解消!効果抜群の白髪ぼかしカラーを一挙公開

    白髪ストレス解消!効果抜群の白髪ぼかしカラーを一挙公開

    274

    2024/03/22
  4. 4

    【リケラエマルジョン】正規販売店のオススメ使用方法&内容成分とその効果。渋谷リケラエマルジョン取り扱い店

    【リケラエマルジョン】正規販売店のオススメ使用方法&内容成分とその効果。渋谷リケラエマルジョン取り扱い店

    33102

    2024/01/26
  5. 5

    【リケラミスト】正規販売店がリケラミストの魅力を徹底解説

    【リケラミスト】正規販売店がリケラミストの魅力を徹底解説

    157

    2023/11/24
  1. 1

    白髪ぼかしハイライトをして後悔しないために抑えておきたいポイント

    白髪ぼかしハイライトをして後悔しないために抑えておきたいポイント

    225

    2024/05/22
  2. 2

    白髪ぼかしカラーは市販の薬剤でできるのか?話題のカラーを美容師が解説

    白髪ぼかしカラーは市販の薬剤でできるのか?話題のカラーを美容師が解説

    418

    2024/03/28
  3. 3

    初めて白髪ぼかしハイライトカラーをやってみたお客様の例

    初めて白髪ぼかしハイライトカラーをやってみたお客様の例

    2007

    2023/06/19
  4. 4

    もっと早く白髪ぼかしをすればよかった。来店頻度が減る理由

    もっと早く白髪ぼかしをすればよかった。来店頻度が減る理由

    1970

    2023/05/27
  5. 5

    白髪対策の頂点。白髪ぼかしハイライトカラーを続けていった結果

    白髪対策の頂点。白髪ぼかしハイライトカラーを続けていった結果

    1466

    2023/05/22

カテゴリー

美容院専用ホームページサービス

Copyright© 2023 LUXY All rights reserved.